【2022年版】プログラミングスクールの比較4選【ランキング形式】

初心者

プログラミングに興味はあるが、どのスクールがいいんだろう。

上手くプログラミングスクールを活用してエンジニアへ進みたい。

このような悩みに応えた記事です。

結論、独学する時間がある方はお勧めしません。

本記事はIT大手企業に就職希望、フリーランスの方向けに絞っております。

注意なのは、あくまで時間を買うということ。

仕事はプログラムだけでなく周辺知識も理解していく必要があるので、

コアな部分はスクールで、知識体系は独学で自分の興味のある部分からがよいかと。

Ozaki

知識体系は、自身のキャリア検討にも役立ちます。どういった業界のシステムに携わりたいのか、ビジョンを持っておきましょう。

私は文系卒ですが、独学と叩き上げで言語を習得していきました。

相当苦労したので、スクールがあるのなら当然検討したと思います。

本記事の構成は以下です。

本記事の構成

現役エンジニアによるプログラミングスクールの総合ランキング

評点①【タイプ別】学ぶべき言語

評点②【サポート体制】について比較

評点③【金額】スケジュールと、月額換算付き

【まとめ】迷うならやったほうがいいです。

現役エンジニアによるプログラミングスクールの総合ランキング

CodeCamp[コードキャンプ]
現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール


・実績No.1のオンライン・プログラミングスクール(受講者20,000名以上)
・マンツーマンだから自分のペースで確実に習得できる
・レッスン満足度94.6%、現役エンジニアから実践的なスキルを学べる ・オンラインで365日/7時から24時迄、時間と場所を選ばずに学習できる
・就職/転職やキャリアについての相談が無料でできる
新規無料カウンセリングを受講すると受講料が1万円引に
 
TechAcademy [テックアカデミー]
 自宅で現役エンジニアから学べる

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターが専属でつく ・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート
 
Web食いオンラインスクール
空前絶後の費用対効果!デザイン・プログラミングの習得なら【Web食いオンラインスクール】

・講師はほとんどが現役のフリーランス
・コースがないので何でも学べる、途中で進路変更も可能
・辞めたい時に辞められる(最低契約期間は1ヵ月で、縛りなし)
・添削・回答無制限(わかるまで回答)
・進路相談や技術面以外もご相談可能
・デザイナー・プログラマー・ディレクター・マーケターをすべて経験してきている社長からも教わることができる
 
RUNTEQ 【ランテック】
Webエンジニア就職に強いプログラミングスクール


学習内容が現場に踏み込みすぎている事によりWebエンジニアの中でもスタートアップ企業やベンチャー企業など少人数の会社に就職したい方に向けです。
当スクールでは答えを教えない代わりに、プログラミングの考え方をお伝えし、ご自身で考えて説いて頂く事を推奨しています。 自走力をしっかり身につけたい方にはぴったりなスクールかと思います (手取り足取り教えてほしいという方はミスマッチの可能性が高い)。
 

評点①【タイプ別】学ぶべき言語

学ぶべき言語は、方向性によります。

以下の2点から学ぶべき言語を考えてみるとよいでしょう。

目に見えない>> JAVA、Python、PHP、SQL、JavaScript、CSS、HTML>>目に見えやすい

習得難しい(金額高い)>>JAVA、Python、PHP、SQL、JavaScript、CSS、HTML >> 習得しやすい(金額安い)

 

もてる予算によりますが、狙うならJAVA言語の習得です。

経験者でも独学で挫折しやすいため、投資するなら選択言語はJAVAがよいです。

 

メリットは、純粋に重宝される人材になるとともに、難易度の高い言語をある程度深く理解すると、

将来、他言語の学習時にも負担は一気に減ります。

難易度の容易な言語を習得しても、難易度の高い言語はハードルが高いままです。

スクール 言語 コース コメント 評点
コードキャンプ JAVA Javaマスターコース 一通り学べる
テックアカデミー JAVA Javaコース 一通り学べる
Web食いオンラインスクール PHP オンラインスクール 上流工程Webディレクションが学べる
ランテック Rails Webマスターコース 課題解決型で実践向き

評点②【サポート体制】について比較

 サポート体制は、全スクールについていたため評点は避けるものの、重要なポイントです。

注意点:自ら学習する姿勢が大事

貴重な時間とお金を投じるわけなので、なんとなく終わってしまった、、ということがないようにしましょう。

全て無料体験、や無料カンセリングがあるため、面倒とは決して思わずに、正直に充実したサポート体制があるかはチェックしましょう

おすすめ:書店でどこまで独学できそうか確認してみるのもあり

不明点などを確認する時も、質問をわかりやすく伝えることは重要になります。

ここまではわかるが、ここがわからない、など練習を兼ねて一度目を通しておくのはオススメです。

なお、本サイトでは、ITエンジニアに必要な技術を整理していくので、

「こう言う点を知りたい」などあれば、お気軽にご連絡ください。

評点③【金額】スケジュールと、月額換算付き

 料金比較となるように、以下にまとめました。

ざっと40万円。決して安くはないです。

※詳細は無料カウンセリングや無料体験で確認願います。

おすすめはコードキャンプです。

先行投資にはなりますが、すぐに回収できる金額です。

未経験で就職したとしても、手取り足取り教えてくれることはないと思っておきましょう。

 

 

スクール コース 期間 金額 月額(4週) 評点
コードキャンプ Javaマスターコース 6ヶ月 330,000円 5,5000円
テックアカデミー Javaコース 16週間 339.900円(社会人) 84,975円
Web食いオンラインスクール オンラインスクール 月額制 1,0800円
ランテック Webマスターコース 最大9ヶ月 398,000円 44,222円

【まとめ】一生ものの技術を武器にして人生を謳歌しよう

 今回は、プログラミングスクールを紹介しました。

ポイントは以下です。

・学んだ言語が今後も需要があり重宝されるものであるか。

・サポート体制が自分の望むカタチであるか、無料カウンセリングや無料体験で検討すること。

ランキングを再掲します。

CodeCamp[コードキャンプ]
現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール


・実績No.1のオンライン・プログラミングスクール(受講者20,000名以上)
・マンツーマンだから自分のペースで確実に習得できる
・レッスン満足度94.6%、現役エンジニアから実践的なスキルを学べる ・オンラインで365日/7時から24時迄、時間と場所を選ばずに学習できる
・就職/転職やキャリアについての相談が無料でできる
新規無料カウンセリングを受講すると受講料が1万円引に
 
TechAcademy [テックアカデミー]
 自宅で現役エンジニアから学べる

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターが専属でつく ・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート
 
Web食いオンラインスクール
空前絶後の費用対効果!デザイン・プログラミングの習得なら【Web食いオンラインスクール】

・講師はほとんどが現役のフリーランス
・コースがないので何でも学べる、途中で進路変更も可能
・辞めたい時に辞められる(最低契約期間は1ヵ月で、縛りなし)
・添削・回答無制限(わかるまで回答)
・進路相談や技術面以外もご相談可能
・デザイナー・プログラマー・ディレクター・マーケターをすべて経験してきている社長からも教わることができる
 
RUNTEQ 【ランテック】
Webエンジニア就職に強いプログラミングスクール


学習内容が現場に踏み込みすぎている事によりWebエンジニアの中でもスタートアップ企業やベンチャー企業など少人数の会社に就職したい方に向けです。
当スクールでは答えを教えない代わりに、プログラミングの考え方をお伝えし、ご自身で考えて説いて頂く事を推奨しています。 自走力をしっかり身につけたい方にはぴったりなスクールかと思います (手取り足取り教えてほしいという方はミスマッチの可能性が高い)。
 

 

今回は、以上です。

「いやいや、いきなりは」という方は各スクールの無料相談登録からやってみるとよいかと。

今の一歩が、人生変わるきっかけになるかもしれません。

本記事がエンジニアとなる足がかりになれたら幸いです。